元気!パートタイマー

パートタイマー(サイド)

明日をめざそう!派遣・請負労働者

派遣・請負労働者(サイド)

おいで!介護ヘルパー

介護ヘルパー(サイド)

みんな仲間だ!移住労働者

移住労働者(サイド)

官製ワーキング・プアをなくそう

官製ワーキング・プア(サイド)

バナー

  • バナー


    リンク先はhttp://www.cwac.jp/にお願いいたします。

カレンダー

  • カレンダー
10月 2020
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

  • 最近のコメント

« 2008年4月 | メイン | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月27日 (火)

第16回パート・臨時、派遣で働くなかまの全国交流集会

286_2 格差と貧困克服、人間らしい働き方実現めざし、熱心に討論

 5月24日から25日の二日間、仙台国際センターで開催された集会には540名が参加しました。1日目の全体集会のシンポジュウムではNHKワーキング・プアのチーフプロデューサー春原雄策さんが、同番組の取材に応じた青年の生き様を通じて、働く価値と意味がないがしろにされている社会に疑問を投げかけ、川西玲子自治体関連労組副議長は、政府が官製ワーキングプアを生み出している実態を告発し157ました。会場からはたたかって職場の労働条件を改善させている郵メイトの仲間や、解雇撤回を勝ち取り職場復帰を果たした中野保育園の仲間などが発言、参加者に感動を与えました。

集会後は仙台のメインストリートをにぎやかにパレードしました。

二日目は分科会にわかれ、均等待遇実現の取り組み、最低賃金闘争、非正規労働者の組織化などを熱心に討論しました。

集会の参加者数は予定を大きく上回り、また一般参加者も多く、非正規労働者の問題への関心の高まりを示しています。

2008年5月21日 (水)

第16回パート・臨時・派遣で働くなかまの全国交流集会、24日から

Img_5126_2  今週末の5月24日(土)から2日間にわたって、仙台国際センターで全国交流集会が開催されます。

 今年のテーマは「貧困と格差を克服し、人間らしい働き方を実現するために」です。NHK「ワーキングプア」のチーフ・プロデューサー春原雄策さんを迎え、シンポジュウムを開催します。二日目は学習や、実践交流の分科会が開催されます。

参加費 1000円(両日共通) 参加は事前にお申込みください。

○5月24日(土)午後1時30分開会~25日(日)正午まで

○仙台国際センター(JR仙台駅からバスで10分)

2008年5月15日 (木)

ヘルパーネットnews NO.10

 5月13日参議院厚生労働委員会で、「介護保険法及び老人福祉法の一部を改正する法律案」と「介護従事者等の人材確保のための介護従事者等の処遇改善に関する法律案」に対する参考人意見陳述が行われ、東京介護労の清沢書記長が意見を述べました。

 全労連ヘルパーネットニュースはこちら→news11.docをダウンロード

これは氷山の一角?

 法務省入国管理局が外国人研修・実習、受入れ機関の不正行為機関数を発表した。それによると、2007年に「不正行為」があったと認定した団体は449機関で、前年の2倍となった。第2次受入れ機関では404機関で、その業種では半数近くが「繊維・被服関係」の170機関であった。
 不正認定件数は全部で562件。最も多かったのは「労働関係法規違反」(178件)で、その大半が賃金不払いによるものだ。「研修生の所定時間外作業」は98件、「悪質な人権侵害行為等」は70件だった。
 しかしこれは、まだまだ氷山の一角ではないか?

 報告書はこちら→h19kensy.pdfをダウンロード

大阪で6月4日に松下プラズマの判決の意義を聞く会を開催

おおさか派遣・請負センターは下記の日程で、「松下プラズマディスプレイ」の偽装請負事件の大阪高裁判決勝訴を受けて、集会を行なう。

1. 日 時:6月 4日(水)18:30~20:30
2. 場 所:国労大阪会館・大会議室
3. 内 容:1)「松下PDP高裁判決」の内容と意義・活用について(30分)
        村田弁護士(派遣・請負センター所長)
        2)たたかいと実践報告(案)
参加無料

問い合わせ先 おおさか派遣・請負センター

2008年5月14日 (水)

松下プラズマ高裁判決を検討する「6・3院内集会」に参加を

 4月25日、大阪高裁(若林諒裁判長)は、松下電器の子会社である松下プラズマディスプレイの偽装請負を告発していやがらせをうけ、解雇された労働者が訴えていた事件の控訴審で、原告の主張を全面的に認める画期的な判決をくだしました。
 製造業などに蔓延する偽装請負の実態を直視し、「派遣先」企業の法的責任を認定したこ
の判決は、これまでの法解釈を乗りこえるものとして、きわめて重要であるとともに、現在、
わたしたちが取り組んでいる労働者派遣法の抜本改正の運動にとっても、大きな意味をもつ
ものです。
 この高裁判決を評価し、その内容について学ぶため全労連:非正規センター(準)と全労協:労働法対策委員会などのよびかけで標記の6・3院内集会を下記の通り開催します。 各界のみなさまの積極的なご参加をお願いいたします。
                            

                           記

日時 6月3日(火) 午後1時~4時

場所 衆議院第2会館第2会議室

講演 村田浩治弁護士(松下プラズマディスプレイ偽装請負告発解雇事件主任弁護士、堺             総合法律事務所)

報告  労働者派遣法改正案について(出席の国会議員各氏より)

質疑  参加者のみなさんより

主催 全労連/非正規センター(準)、全労協/労働法制対策委員会

検索

  • ●知っておこう ! 働くあなたの権利手帳2020 働くあなたに贈る権利手帳

    非正規センターニュース

    最賃ニュース

    非正規で働く仲間の全国交流集会

    非正規雇用労働者全国センターとは?



    WWW を検索
    CWAC-net を検索
全国交流集会20th in OKAYAMA
応援メッセージ

応援メッセージ(サイド)

パグのしっぽ

パグのしっぽ(サイド)

イベント情報

イベント情報(サイド)

働くあなたの知識
資料

資料(サイド)

QRコード

  • QRコード
    全労連労働相談のページにリンクします

労働相談ホットライン

管理用