トップ| お問い合せ| サイトマップ| CWACとは| RSS
元気!パートタイマー

パートタイマー(サイド)

明日をめざそう!派遣・請負労働者

派遣・請負労働者(サイド)

おいで!介護ヘルパー

介護ヘルパー(サイド)

みんな仲間だ!移住労働者

移住労働者(サイド)

官製ワーキング・プアをなくそう

官製ワーキング・プア(サイド)

バナー

  • バナー


    リンク先はhttp://www.cwac.jp/にお願いいたします。

カレンダー

  • カレンダー
4月 2017
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最近のコメント

  • 最近のコメント

パートタイマー(タイトル)

派遣・請負労働者(タイトル)

  • 明日をめざそう!派遣・請負労働者
    派遣・請負も安定して働きたい!生活できる給料が欲しい!
    未来がみえる働き方を実現するために、みんな集まれ!

介護ヘルパー(タイトル)

移住労働者(タイトル)

  • みんな仲間だ!移住労働者
    Let's get workers' voice heard You can join and act with our union.
    団結して労働者の権利をかちとろう あなたもユニオン・メンバーに

    外国人だからって差別されていいはずはない、外国人だからって酷い労働条件でいいはずはない、みんなが安心して働けるよう力強くサポートする仲間がいます。

官製ワーキング・プア(タイトル)

  • 官製ワーキング・プアをなくそう

応援メッセージ(タイトル)

  • 応援メッセージ

パグのしっぽ(タイトル)

  • パグのしっぽ

イベント情報(タイトル)

  • イベント情報

メンタルブログ(タイトル)

資料(タイトル)

  • 資料

全国交流集会(タイトル)

  • 記録集・第17回パート・派遣など非正規ではたらくなかまの全国交流集会in 京都

全国交流集会(タイトル)松山

  • 記録集・第18回パート・派遣など非正規ではたらくなかまの全国交流集会in 松山

2015年11月20日 (金)

12/12(土)12.12臨時・非常勤職員交流決起集会を開催します

 安倍政権は「世界でいちばん企業が活躍しやすい国づくり」をめざし、憲法が求める労働者の権利擁護には背をむけています。
 公務職場でも臨時・非常勤職員は増え続けており、正規職員と同じ職場で同じ仕事をしながらも賃金や処遇に大きな差をつけられ、雇い止めへの不安を抱えながら仕事をしています。
 公務・公共サービスや教育のあり方とあわせて、こうした実態をあらためて告発します。正規・非正規、公務・民間を問わずすべての労働者の連帯により、安定した雇用をはじめとする労働条件向上をめざすたたかいの方向を明らかにします。

日時:2015年12月12日(土)13:00~16:30
場所:(株)損保会館4階(405/406) 東京都千代田区神田淡路町2-9
主催:全労連公務部会/全労連・非正規センター
問い合せ:全労連公務部会 tel 03-5842-5639


★チラシ(PDF)のダウンロードは、こちら。

151120_7

2015年4月 9日 (木)

第23回パート・派遣など非正規ではたらくなかまの全国交流集会in大阪開催のお知らせ

連日のご奮闘に敬意を表します。  非正規センターとして7回目になります標記の集会(略称:非正規全国交流集会)を下記のとおり、大阪市で開催いたします。
 非正規労働者が4割に近づき、女性の貧困が深刻化しています。安倍政権は雇用をまともにしていくこととは、全く正反対の労働法制改悪をねらっています。また、憲法改悪をねらい「戦争する国」づくりの準備も進めようとしています。本集会は、国会での安倍政権の“暴走ストップ”の世論を広げ、運動を強化していくためにも重要な集会となります。また、まだ組合を知らない多くの非正規のなかまたちに、ともに運動していく仲間として労働組合を知ってもらうための集会でもあります。
 各組織におかれましても取り組みの強化が図られていることと存じますが、取り組みを交流し学び合うために、積極的なご参加をよろしくお願いいたします。

  1. 集会開催目的
    ①均等待遇の実現と、雇用の安定の促進、派遣法・労働時間法制の大改悪阻止、最賃の大幅引き上げ、公契約条例の推進など非正規労働者の雇用の安定と労働条件向上などの課題の前進めざす
    ②非正規雇用労働者の運動の交流とそれを通じた運動と組織の強化・拡大をはかる。
  2. 集会のテーマ
     集まろう!語り合おう!手をつなごう!いのち・雇用・平和まもるために
            一人一人が大切にされる社会・職場をつくっていこう
  3. 主催
    全労連非正規センター (パート臨時労組連絡会/ヘルパーネット/派遣請負労働者連絡会/外国人労働者問題連絡会)
    大阪労連
  4. 集会日時
    2015年6月13日13時00分~6月14日13時ころ
  5. 全体会(6月13日・土曜13:00~16:30)(集会プログラムは予定を含みます)
      会場「エルおおさか・府立労働センター」エルシアター」
      (京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m)
      〒540-0031 大阪市中央区北浜東3-14
      TEL:06-6942-0001
    12:30開場
    13:00開会
     歓迎行事/主催者挨拶/歓迎挨拶
     記念講演 トークセッション「生きづらさを克服する労働組合」
            東海林 智さん(毎日新聞記者)×雨宮処凜さん(作家・活動家)
     基調報告/全国の取り組みのリレートーク/ほか
    17:00閉会
  6. 分科会・講座(6月14日・日曜9:00~12:00)
    ①労働者派遣法改悪など安倍雇用破壊に職場・地域からたたかう
    ②【講座】格差是正に進む世界の最賃!日本の最賃も輝かそう
    ③【講座】均等待遇があたりまえの職場の実現にむけて交流しよう
      ―労契法20条、改正パート労働法を活用して―
    ④不安なく働きたい ―雇止めを阻止し雇用安定めざそう
    ⑤元気に職場活動してますか?元気に職場活動しよう!
    ⑥仲間がいるから輝ける ―仲間づくりを交流しよう
    ⑦なくそう!「女性の貧困」 ―男性も女性も輝き働くために
    ⑧【講座】ILO基準を学んで処遇改善に活かそう!
    ⑨【パネルディスカッション】介護保険「改正」にどう向き合うか
     ―安心して介護をうけたい!誇りを持って働き続けたい!―
    ⑩【講座】ブラック企業・ブラックバイトから身を守る まともな雇用を!
    ⑪【講座】「どう考える?パート労働者への社会保険適用拡大」
    ⑫【講座】パワハラ・メンタル入門講座
    ⑬【講座】いま「公契約」がおもしろい! ―公契約入門講座―
  7. パレード
    6月14日12:15~12:50
     大阪市役所解散(予定)
  8. 参加費(1日でも両日でも)
    1000円(大阪府内・学生・失業中の方は500円)
  9. 旅費の支給について
    各県労連から派遣される1人分の交通費について全労連規定に基づき後日支給します。
  10. 申し込み
    参加申し込みは、全労連までお問い合わせください。
    TEL:03-5842-5611
    参加申込書(PDF)をダウンロード

2014年9月19日 (金)

10/25(土)非正規センター 第7回総会記念学習集会を開催します

非正規労働者の雇用の安定と均等待遇をめざして 非正規労働者が4割に迫るもと、乱暴な雇止め、「名ばかり正社員」、ブラック企業など、劣悪な雇用と労働条件のひろがりに、政府・厚労省も非正規労働者の待遇改善の必要性を認めざるを得ないまでになっています。 ところが「世界で一番企業が活動しやすい国」をめざす安倍自公政権は改善ではなく、逆に、安定した雇用を破壊し、正社員を絞り込み、派遣労働者や解雇しやすく低賃金の限定社員など不安定雇用を拡大する「雇用分野での大幅な規制緩和」=「雇用大破壊」をたくらんでいます。 労働契約法やパート労働法を活用した待遇改善のたたかいや抜本是正にむけた運動のあり方について考えます。

記念講演  「非正規の視点から見た労働法制の現状と改善の方向」(仮題)

講師:今野久子弁護士(東京法律事務所)

「郵政職場における労契法20条裁判」

弁護団報告:棗一郎弁護士(労働弁護団)

会 場 全国家電会館5階講堂 (文京区湯島3-6-1 ☎03-3832-4291)

主 催 全労連非正規雇用労働者全国センター      パート臨時労組連絡会

参加費 無料

問合せは03-5842-5611全労連へ (担当:大西、名取)

141025.pdfをダウンロード

2012年7月 3日 (火)

労政審建議「今後のパートタイム労働対策について」について全労連事務局長談話

 労働政策審議会・雇用均等分科会が6月21日にまとめた「今後のパートタイム労働対策について(建議)」にたいし、全労連は事務局長談話を発表しました。

議では、有期労働契約に関する「労働契約法改正案」にあわせて、第8条で「無期労働契約要件」を削除し、「職務の内容、人材活用の仕組み、その他の事情を考慮して不合理な相違がみとめられない」場合に均等待遇を義務付けています。

務局長談話では、「異動や転勤の範囲を意味する「人材活用の仕組み」が依然として考慮要素に残されていて、これでは、「人材活用の仕組み」が違うことを理由に差別が正当化されるのであって、改善は見込めないこと。改正目的に照らしても、このような内容にとどまったことは極めて遺憾」と指摘しています。
 また、「通勤手当などの諸手当、忌引き休暇をはじめとする休暇制度なども当然ながら均等処遇とすべきであり、建議の内容は均等待遇の保障には至っておらず、きわめて不十分である。」と指摘しています。

労連は、非正規労働者の劣悪な賃金・労働条件の改善、パート労働法の実効性ある改善を強く求め、

  • (ア)均等待遇原則を法制化し、「同じ仕事には同じ賃金」を実現すること
  • (イ)「合理的理由のない不利益取り扱いを禁止」し、基本賃金で異なる扱いが許容される「合理的理由」は「職務の違い」「勤続年数」など客観的な基準に限定すること
  • (ウ)一時金や退職金、通勤手当、その他の手当における差別をなくすこと
  • (エ)慶弔休暇をはじめとする労働条件や福利厚生・研修などの差別をなくすこと
  • (オ)正社員への転換を希望するパート・非正規労働者の正社員化を推進すること

などを強く求めています。

 

詳しくは、〉〉〉『パ臨のなかま』 No.30

2012年6月20日 (水)

6・15緊急集会に189人が参加

実効ある改正を求めてアピールを採択

Partnews2011_28p 国会に提出されている「有期契約にかかわる労働契約改正法案」の実効ある改正を求める院内集会が6月15日、国会で189人を集めて開催されました。
 この集会は、日本労働弁護団有志が呼びかけ、多くの労組、政党が参加しました。
 日本労働弁護団の水口洋介幹事長はあいさつで、「雇用は原則無期であるべきで、入口規制が法案に入らなかったことが最大の問題」と指摘しました。
 また、有期労働の現場から当事者や労組から発言が続きました。
 最後に法案について、(1)無期転換権を付与する期間は3年に短縮すること、(2)クーリング期間は規制の抜け道であり、削除すること、(3)雇い止め凡例法理はそのまま条文化すること、(4)雇用契約書における不更新条項は無効とすることの4点の修正を求めるアピールを参加者全体で決議しました。

 詳しくは、〉〉〉『パ臨のなかま』 No.28

2012年6月14日 (木)

緊急に国会行動・地元議員要請・宣伝・学習を強めよう!

明日15日の労契法審議はなくなる

消費税・一体改革をめぐり大変緊迫した国会状況になっています。衆院厚生労働委員会については、「15日に労契法の審議・採決。その後に労安法」との動きもありましたが、明日15日の衆院厚労委員会での有期にかかわる「労働契約法改正案」の審議はなくなりました。

下記の院内集会に結集いただくとともに、その前後も含め、焦点となっている消費税・一体改革もあわせて議員要請を強めること、また職場・地域での学習や宣伝・地元議員への要請もさらに強化し、抜本規制をかちとりましょう。

「これでいいのか?労働契約法改正……有期労働の実効ある規制を求める6.15緊急院内集会」

  • 6月15日(金)11:30~13:00
  • 参議院議員会館101会議室

 詳しくは、〉〉〉『パ臨のなかま』 No.27

2012年6月13日 (水)

ヤマ場15日に向け、緊急宣伝~有期法制阻止!!~

 労働契約法改正法案の衆院厚生労働委員会審議・採決が15日にも強行される可能性があるということで、6月11日(月)、静岡県評パート臨時労組連絡会では、緊急に、街頭宣伝を行いました。
 パ臨連のメンバーを中心に、12名で、チラシ入りティッシュを500個用意し、40分ほどで、手渡すことができました。

有期にかかわる労働契約法改正案15日(金)にも採決のおそれ
緊急に国会行動・地元議員要請・宣伝・学習を強めよう

労働契約法改正法案の衆院厚生労働委員会審議・採決が15日にも強行される可能性があります。民主からは「15日に労契法の審議・採決。その後に労安法」という話も出ており、極めて緊迫した情勢です。

 15日には下記の「緊急院内集会」も設定されています。厚労委開催の有無にかかわらず15日の国会行動への参加を強め、厚労委が開催されない場合には院内集会の前後に議員要請行動を各組合・団体で計画するなどしてください。

 

また、職場・地域での学習や宣伝・地元議員への要請もさらに強化し、抜本規制をかちとりましょう。

「これでいいのか?労働契約法改正……有期労働の実効ある規制を求める6.15緊急院内集会」
6月15日(金)11:30~13:00
参議院議員会館101会議室

 詳しくは、〉〉〉『パ臨のなかま』 No.26

2012年6月 8日 (金)

非正規労働者の立場に立った法改正を! 各地で労働局へ訴え

大阪労連・非正規労働者部会 大阪労働局交渉実施

5月31日、非正規労働者部会としては、初めての労働局交渉を行い、10名が参加。交渉では、有期労働契約の規制やパート労働法の改正など、非正規労働者の立場にたった法改正を要請し、職場の実態を訴えました。

静岡パ臨連 最賃引上げ求め、労働局への要請

静岡県評とパ臨連は6月5日、静岡労働局へ「最低賃金1000円以上の実現と全国一律最賃制への接近をめぐる要請」を、林県評議長以下9名で行いました。

 詳しくは、〉〉〉『パ臨のなかま』 No.25

2012年5月31日 (木)

各地で有期雇用の抜本規制もとめる宣伝実施

神奈川パート・臨時労組連絡会は、5月12日(土)17時半から1時間、横浜ダイエー前で「有期雇用の抜本的規制」のシール投票を行いました。「あなたの働き方を教えて」のパネルを持って、呼びかけました。
また、しずおかパリン「仕事はずっとあるのに『5年』で雇い止め?」シール投票を実施しました。

〈労政審 雇用均等分科会〉が「報告案」を提示しました
5月29日の労政審雇用均等分科会では、分科会としての報告原案「今後のパートタイム労働対策について」が提示されました。
しかし、有期労働契約法制の枠組みを出ず、これでは実効ある待遇改善につながらない内容です。

「有期にかかわる労働契約法改正案」の国会審議日程は未定ですが、宣伝・地元国会議員要請など取り組みを強め、大きな世論で抜本修正=短時間労働者の待遇改善に役立つ法改正となるよう、取り組みを強めましょう。

 詳しくは、〉〉〉『パ臨のなかま』 No.23

2012年4月26日 (木)

4・25共同集会とパ臨連・厚生労働委員要請行動

中央で地方で、要請・宣伝行動広がる

パ臨連・厚生労働委員要請行動
長妻議員(民主)「5年雇止めと無期転換後の労働条件についての問題意識はもっています」

4月26日、パ臨連は「有期にかかわる労働契約法制改正案」の実効ある修正を求め、4月12日に続く第2回目の衆議院・厚生労働委員議員要請行動をおこないました。

実効ある有期労働規制を求める4・25共同集会
「有期労働契約法案」の実効ある修正を勝ち取ろう

また、4月25日、全労連と全労協、MIC(マスコミ文化情報労組会議)の3者を連絡先とする実行委員会の主催で、「実効ある有期労働規制を求める4・25共同集会」が中央大学駿河台記念館で開催されました。参加は会場いっぱいの200人。

しずおかパリン 宣伝行動実施
「有期雇用を抜本的に規制し安心して働ける社会を」

「有期雇用契約法」をめぐり国会情勢も緊迫しています。しずおかパリンでは、まわりにいる仲間にも、地域にも知らせていこうと4月26日に宣伝をおこないました。
あいにくの雨のため、静岡駅地下街で、「有期雇用チラシ(ティッシュ付)」を配り宣伝行動。この行動には10人が参加しました。

 詳しくは、〉〉〉『パ臨のなかま』 No.21
 詳しくは、〉〉〉『パ臨のなかま』 No.22

検索

  • ●働くあなたに贈る権利手帳2013 働くあなたに贈る権利手帳

    非正規センターニュース

    最賃ニュース

    非正規で働く仲間の全国交流集会

    非正規雇用労働者全国センターとは?



    WWW を検索
    CWAC-net を検索
全国交流集会20th in OKAYAMA
応援メッセージ

応援メッセージ(サイド)

パグのしっぽ

パグのしっぽ(サイド)

イベント情報

イベント情報(サイド)

働くあなたの知識
資料

資料(サイド)

QRコード

  • QRコード
    全労連労働相談のページにリンクします

労働相談ホットライン

管理用