トップ| お問い合せ| サイトマップ| CWACとは| RSS
元気!パートタイマー

パートタイマー(サイド)

明日をめざそう!派遣・請負労働者

派遣・請負労働者(サイド)

おいで!介護ヘルパー

介護ヘルパー(サイド)

みんな仲間だ!移住労働者

移住労働者(サイド)

官製ワーキング・プアをなくそう

官製ワーキング・プア(サイド)

バナー

  • バナー


    リンク先はhttp://www.cwac.jp/にお願いいたします。

カレンダー

  • カレンダー
8月 2017
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最近のコメント

  • 最近のコメント

パートタイマー(タイトル)

派遣・請負労働者(タイトル)

  • 明日をめざそう!派遣・請負労働者
    派遣・請負も安定して働きたい!生活できる給料が欲しい!
    未来がみえる働き方を実現するために、みんな集まれ!

介護ヘルパー(タイトル)

移住労働者(タイトル)

  • みんな仲間だ!移住労働者
    Let's get workers' voice heard You can join and act with our union.
    団結して労働者の権利をかちとろう あなたもユニオン・メンバーに

    外国人だからって差別されていいはずはない、外国人だからって酷い労働条件でいいはずはない、みんなが安心して働けるよう力強くサポートする仲間がいます。

官製ワーキング・プア(タイトル)

  • 官製ワーキング・プアをなくそう

応援メッセージ(タイトル)

  • 応援メッセージ

パグのしっぽ(タイトル)

  • パグのしっぽ

イベント情報(タイトル)

  • イベント情報

メンタルブログ(タイトル)

資料(タイトル)

  • 資料

全国交流集会(タイトル)

  • 記録集・第17回パート・派遣など非正規ではたらくなかまの全国交流集会in 京都

全国交流集会(タイトル)松山

  • 記録集・第18回パート・派遣など非正規ではたらくなかまの全国交流集会in 松山

2015年4月 9日 (木)

第23回パート・派遣など非正規ではたらくなかまの全国交流集会in大阪開催のお知らせ

連日のご奮闘に敬意を表します。  非正規センターとして7回目になります標記の集会(略称:非正規全国交流集会)を下記のとおり、大阪市で開催いたします。
 非正規労働者が4割に近づき、女性の貧困が深刻化しています。安倍政権は雇用をまともにしていくこととは、全く正反対の労働法制改悪をねらっています。また、憲法改悪をねらい「戦争する国」づくりの準備も進めようとしています。本集会は、国会での安倍政権の“暴走ストップ”の世論を広げ、運動を強化していくためにも重要な集会となります。また、まだ組合を知らない多くの非正規のなかまたちに、ともに運動していく仲間として労働組合を知ってもらうための集会でもあります。
 各組織におかれましても取り組みの強化が図られていることと存じますが、取り組みを交流し学び合うために、積極的なご参加をよろしくお願いいたします。

  1. 集会開催目的
    ①均等待遇の実現と、雇用の安定の促進、派遣法・労働時間法制の大改悪阻止、最賃の大幅引き上げ、公契約条例の推進など非正規労働者の雇用の安定と労働条件向上などの課題の前進めざす
    ②非正規雇用労働者の運動の交流とそれを通じた運動と組織の強化・拡大をはかる。
  2. 集会のテーマ
     集まろう!語り合おう!手をつなごう!いのち・雇用・平和まもるために
            一人一人が大切にされる社会・職場をつくっていこう
  3. 主催
    全労連非正規センター (パート臨時労組連絡会/ヘルパーネット/派遣請負労働者連絡会/外国人労働者問題連絡会)
    大阪労連
  4. 集会日時
    2015年6月13日13時00分~6月14日13時ころ
  5. 全体会(6月13日・土曜13:00~16:30)(集会プログラムは予定を含みます)
      会場「エルおおさか・府立労働センター」エルシアター」
      (京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m)
      〒540-0031 大阪市中央区北浜東3-14
      TEL:06-6942-0001
    12:30開場
    13:00開会
     歓迎行事/主催者挨拶/歓迎挨拶
     記念講演 トークセッション「生きづらさを克服する労働組合」
            東海林 智さん(毎日新聞記者)×雨宮処凜さん(作家・活動家)
     基調報告/全国の取り組みのリレートーク/ほか
    17:00閉会
  6. 分科会・講座(6月14日・日曜9:00~12:00)
    ①労働者派遣法改悪など安倍雇用破壊に職場・地域からたたかう
    ②【講座】格差是正に進む世界の最賃!日本の最賃も輝かそう
    ③【講座】均等待遇があたりまえの職場の実現にむけて交流しよう
      ―労契法20条、改正パート労働法を活用して―
    ④不安なく働きたい ―雇止めを阻止し雇用安定めざそう
    ⑤元気に職場活動してますか?元気に職場活動しよう!
    ⑥仲間がいるから輝ける ―仲間づくりを交流しよう
    ⑦なくそう!「女性の貧困」 ―男性も女性も輝き働くために
    ⑧【講座】ILO基準を学んで処遇改善に活かそう!
    ⑨【パネルディスカッション】介護保険「改正」にどう向き合うか
     ―安心して介護をうけたい!誇りを持って働き続けたい!―
    ⑩【講座】ブラック企業・ブラックバイトから身を守る まともな雇用を!
    ⑪【講座】「どう考える?パート労働者への社会保険適用拡大」
    ⑫【講座】パワハラ・メンタル入門講座
    ⑬【講座】いま「公契約」がおもしろい! ―公契約入門講座―
  7. パレード
    6月14日12:15~12:50
     大阪市役所解散(予定)
  8. 参加費(1日でも両日でも)
    1000円(大阪府内・学生・失業中の方は500円)
  9. 旅費の支給について
    各県労連から派遣される1人分の交通費について全労連規定に基づき後日支給します。
  10. 申し込み
    参加申し込みは、全労連までお問い合わせください。
    TEL:03-5842-5611
    参加申込書(PDF)をダウンロード

2014年9月19日 (金)

介護ヘルパーネット交流と第10回総会

プログラム

Ⅰ 交流集会(9:30~10:45)

・「知って得する」介護現場の権利 ・「8.27 通達」を職場に定着させた取組み

Ⅱ しゃべり場(10:45~12:15)

①在宅 ②施設 ③監督官を囲んで ④総がかり

    ─ 昼食(12:15~13:00) ─  

Ⅲ 介護・ヘルパーネット総会(13:00~14:00)

日時: 2014年11月9日(日)9:30~14:00

会場: 全労連会館 2階ホール (東京都文京区湯島2-4-4)

問い合わせ・参加申し込み: 全国労働組合総連合

TEL03-5842-5611 FAX03-5842-5620 E-mail:abe@zenroren.gr.jp

チラシは↓からダウンロードしてください

1109kokuchi.pdfをダウンロード

第12回介護にはたらく仲間の全国交流集会を開催します

利用者とともに地域から介護保険制度の充実を

プログラム 講演 「介護保険改悪のねらいと、それにどう立ち向かうか」

講師 森永 伊紀さん (ホームヘルパー全国連絡会事務局長)

特別報告 事業者・利用者・労働者より

現場実態について当事者から発言

日時 2014年11月8日(土) 13:00~16:30 会場 東京セミナー学院 6F

    東京都豊島区西池袋5-4-6 東京三協信用金庫ビル

主 催/第12回介護にはたらく仲間の全国学習交流集会実行委員会

参加申し込み 全国労働組合総連合(担当:阿部) (TEL03-5842-5611 FAX03-5842-5620 E-mail:abe@zenroren.gr.jp)

集会チラシは↓からダウンロードしてください

2014.pdfをダウンロード

2014年7月31日 (木)

7月24日 韓国KPTU(韓国公共運輸労組)ケアワーカー支部の介護労働者などからなる介護労働調査団が全労連介護・ヘルパーネットの仲間と交流を行いました

Img_6496

Img_6498

Img_6494

 韓国では介護保険制度が導入された2008年には、50万人いたヘルパーは2014年には120万人と急増しています。2008年には職能団体である全国療養保護士協会が結成され、全国で1200名の会員を組織しています。全国療養保護士協会は、権利保護、労働基準法、最低賃金制度の遵守、労災・セクハラの撲滅を求めて運動を行っているそうです。2012年にはヘルパー、病院付添い人、ベビーシッターなどでKPTUケアワーカー支部を産業別組合として結成し、権利擁護の運動に取り組んでいます。
 全労連から根本副議長が介護・ヘルパーネットの運動を紹介しました。2012年の介護保険改悪によって在宅の訪問時間が短縮されたことが労働者・経営者・利用者にあたえた悪影響や今年発表した全労連「介護施設で働くアンケート」で明らかになった介護労働者の低処遇の問題などについて様々な質問が寄せられ、関心の高さをうかがわせました。
 今夏から全労連が介護・ヘルパー分野の組織化キャンペーンに取り組むことを紹介すると、韓国側からもKPTUの組織化の取り組みが紹介され、どのように介護分野で組織化をすすめるのか、どのような統一要求をかかげるのかなど、具体的な質問が飛び交いました。
 11月に開催される介護にはたらく仲間の全国交流集会への韓国代表の参加など今後も日韓の介護労働者の交流と連帯を続けることが重要だと話し合いました。
 夜には、介護の現場で働く組合員も交えて夕食交流会を行い、日韓両国の労働条件の違い、現場での苦労など話し合いました。とくに日本の12時間夜勤の後に残業をしているという話には驚きの声が上がっていました。

2013年12月11日 (水)

2013年11月4日 介護の切り捨てを許さない全国総決起集会

集会の様子のビデオができました。


YouTube: 131104介護の切捨てを許さない!全国総決起集会1211改)

介護労働者の処遇改善を求める請願署名に取り組んでいます

SKMBT_C654e13121112040.pdf(PDF)

2012年7月14日 (土)

「ヘルパーアンケート」の取り組みのお願いについて

 4月、「「社会保障・税の一体改革」を先取りして改正介護保険法の施行、介護報酬改定、第5期介護保険事業計画が実施されました。
 今回の介護報酬改定は、厚労省は額面上は「1.2%」のプラス改定としていますが、今年3月まで全額国庫負担の「介護職員処遇改善交付金」(月1.5万円賃金改善分)が介護報酬の「処遇改善加算」に付け替えられた分が2%相当であるので、それを差し引くと「0.8%」のマイナス改定です。 
 又、これまで「1時間」で区切られてきたヘルパーの生活援助(掃除、洗濯、調理、買物など家事支援)が、「45分」とされました。介護報酬も大幅に切り下げられ、45分未満では1,900円、45分以上でも2,350円で打ち止めとなりました。この報酬改定の狙いは、ホームヘルプサービスの短時間化と生活援助の切り捨てです。
 ヘルパーネットでは、この問題について7月からアンケート活動にとりくみ、10月に政府厚生労働省に緊急改定を求め、実態の告発、集会と交渉を様々な団体とともに取り組んでいく予定です。
 つきましては、「ヘルパーアンケート」の取り組みのご協力をよろしくお願いします。

ヘルパーアンケート(PDF)をダウンロード

2010年11月10日 (水)

介護なんでも110番  0120-06-0210 11・12日開設

 「11月11日介護の日」にちなんで、「介護なんでも110番」を開設します。

 電話番号は、0120-06-0210です。11月11日・12日どちらも午前10時~午後6時まで。

 昨年に続き2回目の全国一斉の「介護110番」。昨日は、NHKの取材が全労連に入り、明日早朝とお昼にかけて放映されます。様々なご相談にお応えできるよう、準備を進めておりますので、相談者等声かけをお願いします。
 ちなみに、今年の開催地方は、北海道、秋田、宮城、山形、福島、愛知、三重、大阪(23日)、広島、長崎そして東京・中央です。東京・中央では、全国からのご相談をフリーダイヤルでお受けします。

 昨年のご相談は、介護保険の利用、申請から制度について、施設利用や在宅へ移るにあたっての不安、ご家族の悩み。介護労働者からは、「処遇改善交付金」の制度や利用にあたっての
質問など、幅広いご質問をいただきました。

 この取り組みを通して、「介護」についての国民的な関心を高め、制度の改善や介護労働者の処遇改善につながる流れを作ります。みなさんのご協力をお願いします。 

2010年11月 9日 (火)

介護労働安定センター事業「廃止」について

 介護労働安定センターは平成4年に設立されました。以後18年にわたり、全国の介護事業所に対して経営や雇用管理改善の助言、介護労働者の能力開発を行い、介護職員基礎研修受講者の80%以上をセンターが実施しています。平成14年からは、大規模な「介護労働実態調査」を実施、行政各機関や介護労働団体、研究者などから高い評価を得てきました。

 今後高齢社会の進展にともない、介護労働者は現在の2倍が新たに必要といわれております。このような大切な時期に、雇用管理と能力管理の実績を有する介護労働安定センターが「廃止」となり、介護労働者の就労環境の整備、能力アップなどの事業はこれからどうなるのか大変危惧されます。

 改善すべき点も多々ありますが、介護労働安定センターは「廃止」されていいものか、このことをどうぞ皆様ご検討の上、各地で意見表明をしてくださいますようお願いいたします。

                          (沖藤 典子)

 10月17日介護にはたらく仲間の全国学習交流集会で記念講演いただいた沖藤典子先生から、以下のメッセージが届きました。各方面でご検討、ご意見をお寄せください。(全労連 小松民子)

2010年10月20日 (水)

高齢者分野の介護労働実態調査 中間報告

K10046318611_1010171626_1010171631_ 全労連ヘルパーネットは、10月13日付で「高齢者分野の介護労働実態調査」中間報告-介護労働者に働く誇りと喜びを-を発表しました。

 介護保険制度実施後10年、制度矛盾は広がっています。なかでも、介護労働者の処遇改善の課題は介護基盤の充実にとって重要であることが国民合意となり、昨年より「介護職員処遇改善交付金」が始まりました。しかし、本調査の結果でのあるように、まだまだ改善は緒に就いたばかりで、引き続き対策強化が必要です。

 全労連は、民主党が公約する「介護職員の4万円賃上げ」はもとより、2012年に向け、介護保険制度の憲章と抜本改善を求めます。その球に、現在の「介護労働者の労働の実態」を把握し、介護制度の見直し・人材確保対策への問題提起と改善運動の推進のために、本調査を実施しました。

 回収は、7,855名分であり、回収率は26.2%でした。調査の概要は以下の通りです。

1.「介護労働者の多くが非正規労働者であり、年収平均は206万円、200万円以下52.2%。時給平均も1,050円」。とりわけホームヘルパーは、200万円以下82.8%で、うち100万円円未満が57.6%。介護職の施設・通所のケアワー・介護職の4人に3人が、ホームヘルパーのほぼ全員が年収300万円未満のワーキングプアとなっています。

2.残業平均9.86時間、不払い残業あり37.7%。残業の内容は、「記録・書類の整理」55.9%、介護・看護など通常業務の延長」45.2%、次が「会議研修」33.9%通常業務の延長であり、不払い残業も同様です。

3.「夜勤時の人数が少なくて不安」44.2%、「緊急時に対応できない」30.1%、「一人夜勤が不安」31.6%と訴えています。夜勤の平均時間は14.7時間の長時間。平均夜勤回数は4.47回、夜勤時に一人で受け持つ利用者さんは平均25.3人。

4.仕事の満足度は、「満足」19.3%、「やや満足」35.1%、「どちらとも言えない」31.4%と8割近くが肯定的です。「仕事での不満や不安」では「利用者の要望にこたえきれない」48.1%、「利用者とのコミュニケーションが取れない」33.4%、「必要な支援ができていない」26.5%と利用者との関係であることが特徴的です。なお、ヘルパーの回答では、「やってはいけない仕事が多い」44.6%、「時間に制約があり利用者の要望にこたえきれない」41.9%、「時間に制約があり必要な支援ができない」33.6%と「制約」されていることが大きな足かせになっています。これは、利用者さん側の不満に直結するものであり、改善が求められます。

5.「介護職員処遇改善交付金」、課題は山積、有効な施策が求められる 「交付金の効果がある」13.1%、「あるけど不十分」32.8%、「ない」10.4%、「わからない」27.6%と、なっています。また、「交付金による賃金の引き上げ」に対し、「満足」6.9%に対し「不満」42.9%、「対象外で引き上げがない」16.8%と満足は極めて低い。

6.賃金水準、労働時間、残業、夜勤、いずれも介護報酬や施設の設置基準、人員配置基準に拘束されています。その水準の低さが、「緊急事態に対応できない」、「利用者の要望にこたえきれない」元凶でもあります。不安を抱えながら、休む事も出来ない長時間夜勤、それも「少ない」あるいは「一人の夜勤で」勤務する。利用者の安全の上からも、労働条件の確保、体制の強化、そのためにも賃金の引き上げなど抜本的な改善が求められています。介護報酬の引き上げ、「介護職員処遇改善交付金の継続と改善」、「常勤換算方式」の見直しまど、総合的な対策を全労連は求めていきます。

調査報告書を読む・・・kaigotyousa101013.docをダウンロード

検索

  • ●働くあなたに贈る権利手帳2013 働くあなたに贈る権利手帳

    非正規センターニュース

    最賃ニュース

    非正規で働く仲間の全国交流集会

    非正規雇用労働者全国センターとは?



    WWW を検索
    CWAC-net を検索
全国交流集会20th in OKAYAMA
応援メッセージ

応援メッセージ(サイド)

パグのしっぽ

パグのしっぽ(サイド)

イベント情報

イベント情報(サイド)

働くあなたの知識
資料

資料(サイド)

QRコード

  • QRコード
    全労連労働相談のページにリンクします

労働相談ホットライン

管理用